カラコンを付けたままつい寝てしまった時の対処方法

カラコン

カラコンを付けたままつい寝てしまった時の対処方法

カラコンについて

画像

カラコンを普段愛用している方で気を付けていても、カラコンを付けたまま眠りについてしまったと言う場合もありますよね。
こんな時は焦らずに落ち着いて解決する事が重要となるので、いざという時に困らない対処法を確認しておきましょう。
付けたまま眠りについた場合に良く起こるのが目が乾燥してしまう為、レンズが外れにくいと言う現象です。
通常ですとレンズを下の位置にずらし指の腹の部分でつまむように剥がせますが、付けたまま眠った場合はずらす事もすら出来ないって時もありますよね。
この時に無理に剥がそうとしてしまいますと角膜を気付つけてしまう恐れがありますので、こんな時はカラコンをしたまま出来る目薬で目に潤いを与える事が大事です。
目薬によって目が潤いますとレンズが動くようになりますので、何時と同じ方法で取り外しが行えるようになります。
うっかり眠ってしまい起きたら視界が悪いし、レンズが取れないと言う場合でもまずは目薬を差して落ち着いて対処しましょう。

カラコンについて

画像